1:2014/06/02(月)22:20:49 ID:
スペック

ダンナ 42歳 人相悪い
ヨメ 24歳 童顔 いまだに酒類は年齢聞かれる きょぬー

書き溜めてないからだらだらいく
2:2014/06/02(月)22:21:55 ID:
とにかくついてない人生だった
母親は多重債務者でオヤジはアル中
おまけに大家族
DQN家族の典型の長女として生まれた
3:2014/06/02(月)22:23:30 ID:
親の喧嘩の仲裁はあたりまえ
わたしは子供の頃から「こども」じゃいられなかった
兄弟仲はいいほう
いまも連絡とるのは二人だけだけど
4:2014/06/02(月)22:26:47 ID:
いつ離婚してもおかしくない状況だったと思うが
わたしが18になるとき両親は離婚した
母親が男をつくってでていった
ひどく裏切られた気がした
兄弟たちはもっとダメージ受けてたと思う

アル中のオヤジはもちろんあてにならない
わたしは昼も夜も働いた
カラオケボックス、ゲーセン、レンタルビデオ店、パチンコ屋
5:2014/06/02(月)22:29:13 ID:
働いても働いても金は足りない
所詮就職もままならなかったフリーターじゃあ稼げる額も知れたもんだった
電気も止まった、ガスも止まった
家賃もいっぱいいっぱい滞納した
毎月回収にきてくれるおじさんに謝りながら払った
なにより兄弟たちを飢えさせるわけにいかなかった
家には寝に帰るのがほとんどだった
6:2014/06/02(月)22:31:41 ID:
そんな中、わたしのいない間母親が家に来たらしい
兄弟たちは酒をのんでくだをまくオヤジから逃れるため母親についていった
これでわたしとオヤジは二人きり
何度も死のうかと思った

疲れて帰宅したら廊下にオヤジの粗相のあと
泣きながら掃除した
なんでこんな目に遭うのかと
全てを恨んだ
7:2014/06/02(月)22:33:23 ID:
実際自殺未遂もした
死ねなかったが
手術を受けながら生まれた意味を考えた
わたしは奴隷になるため生まれたんじゃない
ここから逃げよう、すべてを捨てようと思った
8:2014/06/02(月)22:35:52 ID:
それからてっとりばやく稼ぐため、夜の世界に入った
元々コミュ障だったがそんなものはどうでもよかった
わたしは一度死んだのだ

たまたまはいった店はとても居心地がよかった
わたしが最年少、年齢層高めの店で、おじ様たちは紳士的にみな優しくしてくれた
10:2014/06/02(月)22:50:46 ID:
その店に入って3日目くらいに、ダンナと出会った
どうやら常連らしいが、なにしろ顔がこわい、態度はでかい、893かと思った
客がタバコをくわえたら火をつけるじゃん?
不慣れながらもライターを差し出したら「いらん」と言われた
わたし涙目 こいつ嫌いだと思った
11:2014/06/02(月)22:53:35 ID:
毎日毎日いろんな客がくる
紳士的なおじいさま
初見の若い兄ちゃん
常連の気のいいおっさん
とくにわたしはボンヤリしていたからか
還暦以上のおじいさまによく好かれた
孫のように可愛がってくださった
12:2014/06/02(月)22:55:09 ID:
見てるぞ
13:2014/06/02(月)22:55:12 ID:
見てるぞ
14:2014/06/02(月)22:57:08 ID:
例の893っぽい人はわたしにも店の誰にも興味がないようだった
他の客は大抵女の子と話したいとか、
なにか愚痴りたいとか、
盛り上がりたいとか、なにかしらあるが、
興味なさそうに携帯で車のパーツなんかを見ていた
人恋しいけども人と関わりたくないのか?
よくわからないやつだとおもった
15:2014/06/02(月)23:00:21 ID:
>>12
>>13
ありがとう

ある日わたしは日本酒をガバガバ飲まされ、ひどく酔っ払っていた
そこにダンナが来た
わたしはフラフラになっていたので、マスターの配慮か、
その「893っぽい人(ダンナ)の席につけられた
特に口もきかない、動作も必要ないからだろう
「ねーなんでいつも来るの?黙ってるのに!話したくないの?」
わたしは酔いに任せ絡んだ
16:2014/06/02(月)23:03:00 ID:
ダンナは少しうざそうにしたが、
携帯を胸ポケットにしまいながら「わたしの話をきく」姿勢になった
今はよく覚えていない、なんの話をしたのか
ただ、「普通の幸せ」っていうのがいかに難しいかを熱く語ったと思う
17:2014/06/02(月)23:06:31 ID:
ただ、格好悪いことをしては生きていけないというのが信条だった
弱いものいじめをしてはいけない
嘘をついてはいけない
人を裏切ってはいけない
これは格好悪いことだからな

そうしたらダンナの表情がちょっと変わった
このときたぶんダンナはわたしに興味をもった
18:2014/06/02(月)23:09:28 ID:
それからちょくちょくダンナから連絡がくるようになった
が、わたしは筆不精なので思い出したときにしかメールも電話も返さない
これはキャバ嬢wとしては失格なのかもしれないが
客はみんな「おまえってそういうやつだよなw」と流してくれた

でもなんとなくダンナのことは気になって、
結構同伴するようになった
19:2014/06/02(月)23:12:35 ID:
そこで聞いたのは、ダンナはバツ2だということ
二人共に浮気されたらしい
こいつ女見る目ねーなwというのが感想だった
と、同時に精神がボロボロになるまでオヤジを痛めつけ、
男を作って逃げていった母親のことが浮かんで、憎しみさえおぼえた
20:2014/06/02(月)23:16:16 ID:
裏切られた者同士、というとおかしいかもしれないが
なんとなく親近感を抱いた
それでいて酔うとわたしに付き合って!などというのだからどんだけだと
どんだけ見る目がないのだと
わたしなんかと付き合っても幸せになれるはずがない
ハハハご冗談を。ささもう一杯。といった感じで流し続けた
21:2014/06/02(月)23:19:35 ID:
ダンナは人相も態度も口も悪いが、
わたしの母親のように嘘つきではなかった
一緒に食事をするうちに、この人はいい人だなあと思った

ちなみに、店にくるたくさんのひとをみるうちに、
嘘つきも裏切り者もたくさん見た
見分け方がわかる?感じ
いまでもこの類の人たちは大嫌いだ
22:2014/06/02(月)23:20:52 ID:
ダンナが帰ってきた!!!!!!
残っていたらまた明日!!(´∀`*)ノシ
23:2014/06/02(月)23:21:40 ID:
おうまた明日
おれも寝る
24:2014/06/03(火)11:17:16 ID:
今北
続き気になるな
25:2014/06/04(水)02:05:18 ID:
自分も今北、続き読みたいから保守する
27:2014/06/04(水)08:44:55 ID:
ふむ、保守。
28:2014/06/04(水)09:56:17 ID:
つづきが欲しいよー
29:2014/06/04(水)10:16:32 ID:
>>1さんは女性だけどカッコイイなと思う
>>17辺りが特に
人によるのは分かるけど、そこまでの毒親だったらどこかひねくれた物の見方、性格しててもおかしくないのに

保守





 






 ❚  おすすめ記事 ρ(^ー^*)ρ